2010.12.06


MacBook系は、ノートブックを閉じたままでも起動&使うことができる「クラムシェルモード(リッジクローズモード)」というモードがあります。通常のノートPCだと、液晶ディスプレイを閉じてしまうとスリープしてしまうわけですが、MacBook(Proも含む)はBluetooth・USBのマウス、キーボードや外付けディスプレイを付けているときは、閉じてもそのまま起動し続けます。あ、液晶ディスプレイはスリープしますけどね。ということで、デスクトップPCとしても使うことができるわけです。

で、その状態だと単なる閉じたノートPCとなってしまうので、立てて収納したほうが楽なんですね。ついでに言うと、iPodなどのDockのように挿すだけでクラムシェルモードとして動くならすぐさまデスクトップ&ノートPCの切り替えが簡単にできるようになるわけです。

で、そんな便利なDockがあるかというと…世の中には作ってるところもあるんですね。

Henge Docksというのがソレ。

とりあえず買ってみました。ということで、またまたアメリカから直輸入です。送料込みで$100以下でしたし、UPS WorldSaverで送られてきましたが発注完了からお届けまで10日くらいでした。割と早いですね。



今回はMacBook Pro 13インチ(Mid2009以降)用のを購入。
ラインナップには15インチ、17インチMacBook ProやポリカーボネートMacBook用などもあります。さすがにintel MacBookしか対応していませんけどね。

外観はプラスチックで出来ていて、ちょっとだけチープ感。
でもサイズなどはさすがにぴったりです。



適当に挿してみるとこんな感じです。
倒れそうにはないくらい安定感はたっぷり。その分足幅は広めなので接地場所はちょっと考えないといけませんね。

で、その他の付属品は



こんな感じ。
ネットワークケーブル、Firewire 800ケーブル、USBオス・メスケーブル×2。MagSafeのACアダプタやmini DisplayPort→DVI/VGAアダプタは入っていないので準備する必要があります。MagSafeのアダプタは垂直挿し型・横差し型両方共に対応したアダプタ抑えが付いているので安心。

で、アダプタ・コネクタ側はこんな感じ。




単純にイモネジで各コネクタを固定するようです。

アナクロでいい感じ(ぇ

もとい、コネクタ的には強度などは大丈夫なのでしょうか、と。挿しっぱなし&一度付けたら外さないようにするはずなので問題はないんでしょうね。

とりあえず設置場所を確保しないといけないので、来週末くらいにはなんとか実践レポができる…といいな。


関連タグ:MBP 


投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

RSS2.0

a-blog cms