2011.02.20

photo-1

巷ではe-mobile状態の投げ売りで話題(?)のWiMAX。
BIGLOBEで本体0円、3ヶ月縛り(ただし1ヶ月目は280円)というキャンペーンがあったので、それに乗っかってみました。4ヶ月目以降は解約してもOKで他のWiMAXサービスに乗り換え可能だそうなので、そういう意味でもお買い得…だと思いたいです。
で選ぶのは当然モバイルルータのNECアクセステクニカ製Aterm WM3500Rです。

日本電気 モバイルWiMAXルータ AtermWM3500R マーズレッド PA-WM3500R(AT)R (AA)

Amazonで売っている白ロムは15000円なので、初月280円+月4880円×2ヶ月=10,040円となって本体代だけでも4000円以上お買い得になるはずです。月契約前提なので使わないともったいないプランですね。白ロム版は1 Dayパス専用には向いているかもしれません。


photo-2

で、本体色はレッドをチョイス。
白や黒でもよかったのですが、目立つように赤色にしてみました。これでカバンの中でも目立って分かりやすいかな。
サイズはハガキより一回り小さい程度。厚さもiPhone4よりちょっと厚いくらいなので、持ち運びには苦労しなさそうです。なにより軽いです。
このサイズ・重量で最長10時間もつバッテリーは魅力ですね。実際に使ってみましたが、断続接続で8時間使ってみてバッテリー残量40%程度でした。この分だとガリガリ使っても8時間はもちそうです。

WiMAXもアンテナが充実してきて、お家の中でも入るようになりました。これからはモバイルルータとしてはメイン扱いに昇格しそう。とりあえず月定額契約なので、いっぱい使って試してみようと思います。

E-mobileのような投げ売り→ユーザ数急激増大→トラフィック増→リンク速度低下、なんていう悲しいことにならないことを願います。


関連タグ:WiMAX 


投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

RSS2.0

a-blog cms