2010.10.22

トイカメラ、オサレ系フォトを切り開いたロモグラフィー。
クロスプロセスなどの特殊現像を行うラボサービスを始めたようです。

いままでも個人のお店で特殊現像してくれるところはありましたが、いわゆる「本家」が進出したことは大きいですね。たとえ、外注に出していたとしても、外に出る名前がロモということで安心する人もいるのではないでしょうか。
お値段は…高いです、うん。
それでも、カメラの販売から現像、プリントまで一貫して出来る態勢が整っているのは、実はもう富士フィルムくらいしかないという貴重な存在でもありますね。

個人的には頑張って欲しいところ。


関連タグ:Film 


2010.10.13


Hasselbladレンズ・SONYボディのマウントアダプタを購入したので、さっそくテスト。

今回試すレンズCarl Zeiss Distagon CF 50mm F4 T*は6x6ボディにつけると28mm相当の広角レンズになりますが、35mmフルサイズボディだと標準の50mm、APS-Cボディだと中望遠の75mm相当になります。

お家にあるデジボディはAPS-CのSony α700なので、それにつけてテストです。比較対象はミノルタ時代のマクロレンズMinolta AF 50mm F2.8 Macro New。焦点距離が一緒で開放F値も近いので、まあこれが無難でしょう。


関連タグ:SONY-α DistagonCF50mmF4 KIPON 


2010.10.12

??

ハッセルをデジタル化するのに一番お手軽なのは、マウントアダプタを介してハッセルレンズを既存デジタルボディに取り付ける方法ですね。
ということで、お手頃な中国KIPON製のハッセルブラッドレンズ・SONY αマウントボディ用のマウントアダプタを購入しました。
こちらも、いつものeBay経由で香港のショップから。今回のSellerはFedExで送ってくれたのでリードタイムが1週間以内の超速でした。

とりあえず写真を。


IMG_0637

IMG_0638

固定の三脚座がついています。固定なので縦位置はちょっと面倒かもしれません。が、長尺レンズはもっていないので、当面は無問題です。

作りは…良くもなく悪くもなく。一応内面反射防止もされているのですが、あまり期待してはいけないでしょうね。

Distagon CF 50mmF4 T*を取り付けてみましたが、ガタもなく良好です。無限遠も見た感じでは出ている様です。よかったよかった。
最近、KIPONはSONY NEXのEマウントアダプタを多品種作っているようですので、NEX買った暁には一揃えしてみようかな、と。


関連タグ:Hasselblad KIPON 


2010.09.30

??

ハッセル使っていて唯一の悩みは、デジタル化に半端無いお金がかかるところ。
いわゆる中判デジバックでデジタルカメラ化は出来るのですが、最低でも100万円はかかってしまうという代物。そりゃプロしか買えませんよ、ええ。
ということで、デジカメ黎明期のプロ用デジカメをオークションで格安ゲットしてみました。

ブツは、Foveon II Digital Studio Camera。ハッセルブラッドマウントのデジタルカメラです。
2000年に展示会で出ているので、その頃に発売されたものでしょう。
アメリカFoveon社が開発したものです。Foveonといえば、独自の三層イメージャのFoveon X3を開発したメーカー。現在はシグマの子会社で、同社のデジカメDPシリーズやSDシリーズに搭載されていますね。

で、このFoveonII。3層イメージャのX3とはちがって、RGBをプリズムで分光して各色情報を3つのCMOSイメージャで捉えて画像化するタイプ。ちょっと前のパナソニックなどのハンディームービーカムの常套句だった3CCDと似た方式ですね。
各色用のCMOSは独自開発の正方形400万画素。拡張すると400万画素×3で1200万画素相当の画像がでてきます。
ただ、10年前のCMOSなのでダイナミックレンジは9 f-stop。9〜10bit相当ってところでしょうか。JPEGで出す分なら全く問題ないレベルでしょうね。

ただ一つ問題が。

PC/MACと繋いでしか制御できないのですが、そのソフトがありませんorz
だから超格安だったのですが、いま現在Foveon本社に問い合わせ中。なんとかなることを期待します。


image

ちなみに裏はこんな感じ。

本体にはシャッターボタンはおろか一切の動作ボタンはないのですが(レンズリリースボタン除く)、背面には、シンクロソケット・リモートレリーズソケット、電源ソケット?とFireWire400ポート×2が。FireWireはPCとの接続用だとはおもいますが、電源ソケットらしきもののピンアサインもわからないのでこちらもあとで聞かないと。

どうしても動かない場合は、バラしてニヤニヤします。

はてさてどうなることやら。


関連タグ:Hasselblad 


2010.09.29

??

またもやeBayで購入したハッセル用広角レンズDistagon 50mmF4 T*です。

6x6で50mmは35mm版換算で28mm相当の広角レンズですが、ボケは50mmのそれそのものですので、被写界深度はそこそこに浅いのです。
CFですので絞り羽根は5枚。つまりボケは5角形ですが、利便性や内面反射などなどでCレンズよりメリットは大きいので、実用するならこちらのほうが良いことも多いのです。

フードがついてなかったので、HOYAの伸縮ゴムフードでとりあえず代用しよう。


関連タグ:Hasselblad DistagonCF50mmF4 



RSS2.0

a-blog cms