2010.09.09

??

いろいろな撮影機材・グッズを扱っているディスカバーフォト「ハッセル用シャッターチャージドライバー」を買いました。
ハッセル使いなら持っていて損のないブツ。
送料込みで2,140円でした。お買い得お買い得。

ハッセルブラッドの「お作法」の一つ。

レンズ・ボディ共にシャッターチャージしてレンズの脱着を行うこと

というのがあります。
レンズとボディのシャッターチャージ連結ギアが、シャッターチャージ状態でのみ噛み合うようのできているからです。この状態でない時にレンズ脱着しようとすると、ほぼ確実に壊れます。そして、修理費が5万円弱かかってしまうことになるのです。

そういうことを回避するためのドライバーです。
このドライバーの先端がシャッターチャージギアの形になっており、ぐりぐりと回すだけでシャッターチャージができます。


IMG_0575

こちらはレンズ側のビットで、もう一方がボディ側に対応しています。

ぶっちゃけると、普通のマイナスドライバーでも事足りるのですが、こういう治具があるとやり易くてベターなのです。

これがあればレンズ保管時にシャッターをチャージ状態にしておく必要はないので、とりあえずレンズ側のシャッターをフリーにしました。
ちょっとは精神的に楽にはなった…かな…

ディスカバーフォトには、他にもコストパフォーマンスの高いマウントアダプターやら水準器やらがありますので、気になった方は覗いてみてはいかがでしょうか。


関連タグ:Hasselblad 


投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

RSS2.0

a-blog cms