2010.09.07


いままでカメラバッグらしいカメラバッグといえば


  • クランプラー 5ミリオンダラー・ホーム
  • Artisan&Artist ガーデンバッグGDR-202 + ETSUMIインナーバッグ
  • ETSUMI アルミバッグ

くらいしか持っていなかったんです。どちらも肩掛けなので重い機材を運ぶのが大変なんです。ハッセルやRZ67ProIIのような中判カメラは特に。ですので、比較的、身体的負担の軽いリュック・バックパックタイプを探していたのです。
ついでに、海外旅行に行く時の常用機内持ち込みバッグも兼ねればなぁ、と思って探した結果、作りも良くて機内持ち込みサイズもクリアする「ロープロ ファストパック250」を買いました。
これもいつものAmazonさんで購入です。

ロープロ カメラバッグ ファストパック250 ブラック 351945 (AA)



で、このファストパック。一般的なバックパック型カメラバックと似たような構造で、上部気室と下部気室の2室構造。なのですが、Loweproの製品紹介ビデオを見てもらえればわかるとおり、ちょっとユニークな開き方します。



下部気室が、向かって左から開きます。
ですのでリュックを背負ったまま、カメラだけを取り出すことができるのです。
つまり、右側の肩紐を外してリュックを身体の横・前に持ってくると、下部気室の開け口が目の前にくるという構図。なので、カメラを素早く取り出せる格好になります。
で、カメラバッグとして肝心の下部気室。クッションもしっかりしていますし、セパレータもしっかりしているので、結構な量入ります。



バッテリーグリップ付きのα700も余裕です。50mmF2.8マクロレンズが小さく見えます。これくらいなら、70-200mmF2.8クラスの大口径望遠ズームレンズもカメラにつけたまましまえますね。
これでも小型の単焦点レンズはあと2本は入りそう。

で、肝心のハッセルくんはどんな感じで入るかというと



スカスカです。
スカスカすぎます。

他にレンズとかいろいろ入りそうですが、持ってるレンズが他にないんですorz


閑話休題

さて、上部気室。



こちらも結構広いです。
ちいさいポケットも豊富にありますので、メモリカードは当然のことながら、ブロアやペンなど細々としたものもいっぱい入りそうです。
で、航空機内持ち込みの旅行カバンとして使うことも考えると、もっと大きいものが入ると良いんですね。

ということで、入れてみました。



iPadが余裕で入ります。

これくらい広いと預け荷物にしたくないデジタルガジェット類がすべて入りそうです。
で、この他にも背面にノートPCを入れるためのポケットもあります。



公称で15インチクラスのノートPCが入るそうです。
13インチのMacBook Airを入れる用途しか思い浮かばないので、これだけのサイズがあれば十分ですね。今後の15インチMacBookPro購入計画にも対応できます。たぶん。

てんこもりで詰め込むとかなり重くなってしまうのですが、そこはバックパックなのでなんとかなるかな、と思います。

さーて、これからガシガシと使い込みますよ。



関連タグ:Lowepro 


エントリーが見つかりませんでした。

投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

RSS2.0

a-blog cms