2011.04.14


iPadとiPad2の液晶表示品質を比較してみる試み その2。
その1はカメラで撮影して比較してみましたが、そんな面倒なことをしなくても出来る方法が判明。

ということで、トライしてみました。
ディスプレイキャリブレーターを使う方法です。

使ったキャリブレーターはSpyder3 StudioSRに付属のSpyder3Elite
業界標準ではありませんが、精度はまあまあで比較そのものは十分にできそうです。

ということで、下記条件でキャリブレーション&プロファイル測定してみました。

  • Air DisplayにてiPadをMacの外部ディスプレイ化
  • 外部ディスプレイをSpyder3Eliteでキャリブレート
  • iPadの明るさは120cd/cm^2となるように明るさ設定(iPad2は120、iPadは119に追い込みました)
  • 途中でエラーがでましたが気にせず続行


まずはiPad。

赤いラインがiPadのプロファイルです。
ちなみに緑はsRGB、紫はAdobeRGBです。

色域は青・緑方面にちょっと狭め。赤はまあsRGBに近いかな、というところでしょうか。派手めに見える感じですね。



そしてこちらはiPadとiPad2を同時に表示してみたもの。
iPad2が青、iPadが赤となります。

赤はあまり変化ありませんが、青と緑の成分がiPad2のほうがiPadよりも色域広めです。
先日カメラで測定した結果とまあ似たような感じですね。

結論:

たしかにiPad2のほうがiPadよりもで液晶表示品質は上ですが、じっくり比較しないとわからないレベル

といったところでしょうか。


関連タグ:iPad iPad2 Spyder3 


投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

RSS2.0

a-blog cms