2010.12.30


なんだかんだでバリバリつかいまくっているiPad。
バリバリ使用を支えているアプリ群ですが、当初のラインナップからは淘汰されたものも数多く。
ということで、2010年年末現在、お世話になりまくってるアプリをつらつらと紹介してみます。

関連:iPadの個人的オススメアプリ24選@2010/5/28版
 



画像・写真系アプリ



ShutterSnitch 900円 ユニバーサルアプリ

無線LAN内蔵SDカードのEye-Fiと同期して、撮ったそばからiPadへ直接転送するためのアプリ。
気がついたらサポートメンバーになっていて日本語翻訳を手がけていました。
いまはv2.0になって、かなり使い勝手もよくなっています。v2.0.1ではDropbox連携もできるようになるので、これからも期待大です。
日本語訳も頑張ります。



Photogene for iPad 450円

iPadでのフォトレタッチ定番ソフト。
これがないとiPadでのブログ記事作成が滞ってしまうくらいの依存度です。
機能は必要最低限ですが、直感的に使えるので何も考えずに絵作りできるのがポイント高し。
Adobe Photoshop Expressという使いでがある無料アプリもあるのですが、結局Photogeneにもどってきてしまいました。v2.0になって操作性がちょっと変わりましたが、その分機能も大幅増量。2011年もこれがないと生きていけないかもしれません。



FlickrStackr 230円 ユニバーサルアプリ

写真共有サイトFlickrの閲覧からアップロードまでを効率的に行うアプリ。
本家Flickrのアプリもありますが、こちらのほうが格段に便利です。写真の一括アップロードやタグ付け、グループへの投稿も可能。また、コンタクトの最新アップロード写真のみならず、人気のある写真や最新写真をウォール状に表示することもできて、Flickrを楽しむためには必須でしょう。
機能限定のFlickrStackr Exploreという無料版もあるので、まずはそちらで試してみるのもアリです。



Pad Folio 900円

ちょっとお高めなポートフォリオアプリ。
Landscape・Horizontalの両モード対応はもちろん、並び替えもカスタムできますし、クライアント名を入れることでクライアント名ソートも可能。商業でやってる方にも使えるのではないでしょうか。
標準の写真ライブラリアプリでもできますが、こちらはDropbox連携などができるので、写真の入れ替えがかなりらくちんです。
ポートフォリオのセット数も無制限なので、ポートレイトやStill lifeなど分けて作ることも可能。もちろん、管理者モードへの移行はパスワード入力でセキュリティ確保。
これからガシガシ使っていきます。



電子書籍系アプリ



i文庫HD 900円

ブックビューアの定番中の定番。これがないと始まりません。
縦書き・ルビにもデフォルト対応していて、青空文庫などを読むには最適です。
PDFはもとより、ZIPで固めたJPEGファイルにも対応していて漫画ビューアとしても秀逸。Dropboxにも当然対応していますので、ファイルの入れ替えもiTunesいらずで可能です。
iPad買ったら、まずは入れるべきアプリのひとつですね。



Book☆Walker 無料

角川グループ公式の電子書籍ポータルアプリ。
電子書籍の購入から閲覧までシームレスに行うことが可能です。
角川グループだけあって、コミックや新書、小説だけでなくライトノベルのラインナップもかなり豊富。週一で10冊程度が追加されていますので、今後にかなり期待ができます。値段も店頭売りとほぼ変わらない値段。本のコンテンツに興味がある自分としては、これが普及すれば実際の本はある程度は買わなくなるかな、と思ってしまいます。
現状はビューアの操作性があまりよろしくありません。が、最低限ですが及第点は付けれるレベルですので、今後のブラッシュアップにも期待。



ダイヤモンドブックス 無料

App Storeで良質な電子書籍アプリを提供していたダイヤモンド社が、電子書籍ひとつで1アプリの方針から転換。ポータルアプリをリリースしました。
こちらもダイヤモンド社の新書系電子書籍の購入・閲覧が可能。
ダイヤモンド社電子書籍アプリで定評のあるビューアをそのまま使ってますので、閲覧はかなりスムーズ。反面、コンテンツの量がちょっと少なめでこれからに期待といったところでしょうか。



Flipboard 無料

ネットコンテンツ閲覧の新しいカタチを提供したFlipboard。
TwitterやFlickr写真、Facebook、Google Readerのフィードなどを、まるで雑誌のように表示してくれるアプリです。
ただ単純にアカウントリンクするだけではあまり面白くありませんが、Flipboardに最適化したRSSフィードなどを登録すると、本当に雑誌のようにみることができます。
かなり面白い試みで、いままでのTwitterの見方とはちょっと違ってみえます。
もしかすると、未来の雑誌(特にヒマつぶし系)はこのようなカタチになるかもしれませんね。



ネット・クラウド系アプリ



Twitter 無料 ユニバーサルアプリ

今年、一気にマジョリティまで普及した感のあるTwitter。公式アプリがなんだかんだで一番使いやすかったです。無料ですし。
他には言う事ありませんね。なにせTwitterですから。



Dropbox 無料 ユニバーサルアプリ

クラウドのファイル共有同期サービスDropbox。今年APIがオープンになって、一気に普及した感があります。
PCやiPhone・iPadからいろいろなファイルをクラウドへアップロード&同期しておけば、ネットさえあればどこでも同期ができるすばらしさ。無料でも2GBのディスク容量がありますので、お試しで使ってみると良いと思います。
個人的にもDropboxがない生活は考えられないくらいに根ざしちゃってます。未達の方はお試しあれ。



Instapaper 600円 ユニバーサルアプリ

いわゆる「あとで読む」系のサービスInstapaper
いろいろなサイトをInstapaperに食わせてやるだけで、テキスト整形して軽く&読みやすくしてくれるサービスですが、このアプリはネットサービスとしてのInstapaperと完全同期をとってくれます。
未読の記事やスター記事だけでなく、フォルダ管理もすべて同期。アプリ側で削除すると、ネットサービス側でも記事削除がされますので、シームレスな連携が可能です。iPhoneのアプリとも連携しますので、おうちでiPad、電車でiPhoneなどもラクチン。電車でのヒマつぶしがかなり洗練されました。
Instapaper Freeという無料版もありますのでゼヒ。



Evernote 無料 ユニバーサルアプリ

クラウド情報同期サービスEvernoteのアプリ。
メモ、ウェブクリップ、音声、写真などをクラウドに同期することで、iPadやiPhone、PCと連携することができます。
忘備録だけでなく、アイデアの保存先としても有用。たとえば、出先で思いついたことをiPhone・iPadで記録しておいて、戻ってからPCで同期&追記・清書などができます。
有料サービスに登録してあると、転送量の上限が増えるだけでなく、オフラインキャッシュもできるようになるので利便性が一気に増します。サービスとしてもアプリとしてもオススメです。



iCab Mobile 230円 ユニバーサルアプリ

Safari以外のタブ型Webブラウザでは定番?でしょうか。
UserAgent偽装でOperaやFIrefoxとして振舞うこともできますし、ZIPやMPGファイルなどのダウンロードも可能。フルスクリーン化も当然可能です。
モジュールというプラグインもありますので、ソースコードの表示やInstapaperへの食わせこみ、ニコニコ動画などの再生支援も可能。
Dropbox連携も対応していて至れり尽くせりです。



iSSH - SSH/VNC Console 1200円 ユニバーサルアプリ

iOS4.2でマルチタスクに対応してから、一気に神アプリ化(ただし自分的に)。
普通のSSH、VNCのコンソールアプリです。が、SSHトンネルを掘ってログインし続けることが可能ですので、IMAP over SSHなどが可能です。SSH-VPNみたいなことも出来るわけです。
メリットがわからない方には全く不要なアプリですが、お仕事でコッチ系の仕事をしているとかなり便利なアプリのひとつです。



GoodReader for iPad 350円

様々なファイルのポータル・ハブとして機能するアプリです。
GoodReaderだけでもPDFの閲覧もできますし、ファイル名の変更や他アプリへの受け渡しも可能です。
Webサービスからのダウンロード・アップロードもできるので、とりあえずGoodReaderへファイルを受け渡ししてから考える、というファイル置き場としてもかなり有用です。
縁の下の力持ち的なアプリですね。



Reeder for iPad 600円

RSSフィードリーダーのGoogle Readerと連携するフィードリーダーアプリ。
なによりも動作が軽快で、デザインも見やすいです。
毎日コレでフィードをチェックして、Twitterへ流したりInstapaperに流したりしています。
ブログのようなストックされた情報を網羅的にチェックするには、まだまだフィードリーダーが有用ですね。



iTap RDP (Remote Desktop for Windows) 1400円 ユニバーサルアプリ
iTap VNC (Remote Desktop for Windows/Mac) 1400円 ユニバーサルアプリ

リモートデスクトップアプリのiTapシリーズ。RDPプロトコルとVNCプロトコルの各アプリです。
iPadだとやはりSafariベースでwebを見ることになるのですが、たまにFlashを使っているwebや、Microsoft WordなどをiPadから使いたくなることもあるんですよね。そういう時に、サーバー化したWindowsやMacをリモートで操作する必要がでてくるわけです。
ついでにサーバとDropboxで同期してやればiPadにファイル同期されるわけです。
おうちのサーバを管理するには必要なアプリです。



メモアプリ



Penultimate 115円

書き味が素晴らしい手書きメモ系アプリ。
ホント、書き味が素晴らしい、の一言に尽きます。
画像として書き出すことができますが、メール添付もしくはiTunes経由で画像ファイルとして書き出すことしかできないのがタマにキズ。このあたりの連携がもっとよくなれば(例えばDropbox連携とか)、もっと使い勝手がよくなるんですけどね。今後に期待です。



Touchwriter HD 230円

手書きメモですが、ちゃんとラインに収めることができる、最終的な見栄えがよくなる手書きメモです。
一字ごと一マス書くと、メモラインに反映されるタイプ。
つまりちょっと前のZaurusとかの手書き認識みたいな形式ですが、手書き認識はされずにそのまま手書き文字として表示されるところがユニークです。
キーボードのないiPadでは、もしかするとこちらの方が速くメモれるかもしれません。



便利なアプリ



1Password for iPad 1200円

Macでは定番のパスワード管理ソフト1PasswordのiPad版。
Safariにブックマークレットを仕込んでおけば、Safariから1Password管理のパスワードを半自動入力することができるようになります。
そしてMacなどの母艦やiPhone版1Passwordとの同期はDropboxで可能。これでかなり使い勝手がよくなりました。
このアプリがないと、ログインできないサイトも多くなってきました。必携です。



iPadシステム・マネージャー 115円

iPadでのアプリ起動プロセスやメモリ状況などを表示することができるアプリ。
メモリ解放を高速に行うことができるので、iPadを起動していて「ちょっと重くなったかな?」という時にはこのアプリを起動してメモリ解放しています。
ホーム画面の1ページ目の左下という、かなり良い場所においても損のないアプリです。



プレゼン用アプリ



Keynote 1200円

Mac定番のオフィススイートiWorkのプレゼンソフトKeynoteのiPad版。
Keynoteを使い慣れている方ならそのまま使える操作性と、iPad上でほとんどのプレゼン作成ができる機能性を兼ね備えています。
でも業界デファクトのMS Power Pointへの互換性がもうちょっと、といったレベルなのでインポートがもうちょっとよくなれば使い勝手がもっとよくなるでしょうね。
たまーにKeynoteでプレゼン資料つくって実際にプレゼンしています。



PDF Presenter for iPad 1200円

PDFファイルをプレゼンに使うときに一番確実なアプリです。
これでお仕事のプレゼンを何件もこなしてますが、いまのところ不具合が起きたことがありません。PDFなのでレイアウト崩れも皆無。アニメーションのいらないプレゼンをするには資料のPDFファイル化+このアプリで必要十分ですね。
Dropboxにも対応しているので、PCで作ったプレゼン資料をそのままクラウドでダウンロードできるのも重要なポイント。
来年もたくさんお世話になるはずです。



ゲーム



jubeat plus 無料

KONAMIのビーマニ系アーケード音ゲーjubeatのiPad版。
アツいです。
延々と続けられます。
楽曲もアプリ内購入できる&随時追加しているので、今後もアツくなれること請け合い。




今年のアプリはこんなところでしょうか。
App storeはアプリ開発者が多いので良いアプリが埋もれてしまうことも多いのが難点ですが、自分のニーズにマッチしまくった良アプリもあるので、やめられません。
次のアプリ紹介はiPad (2nd Gen.)がでた後にでも。

…来年はDeveloper登録しようかしらん。


関連タグ:iPad アプリ 


投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

RSS2.0

a-blog cms