選択されているタグ :  ShutterSnitch

タグを絞り込む : Eye-Fi ipad

2010.06.01

ShutterSnitchとEye-Fiをうまく繋げてiPadをリアルタイム撮影画像ビューアにしてしまおうという試みその2。

今回は前回とは違う方法を行ってみます。
リクエストの多い、Eye-Fi→iPadのJPEG直接転送です。

まずは設定編。

iPadのShutterSnitchにEye-Fiカードを登録する必要があります。その為に、UploadKeyが必要になります。

Macでは
/Users/ユーザー名/Library/eye-fi/
の下にあるsettings.xmlを開いて、それらしいEye-Fiカード設定のUploadKeyを探します。
Windowsの場合だと、エンコードされている場合があるそうですので、ShutterSnitchのフォーラムに書かれている通りに読み取ってください。



次に、iPadの[環境設定]→[ShutterSnitch]に移動して、先ほどのUploadKeyを入力します。



そして、ShutterSnitchを開くと、右下の接続情報にFTPアドレスだけでなくEye-Fi Supportedの文字が現れるはずです。



以上で、iPadの設定はおわり。

PC(or Mac)のEye-Fi Center、Eye-Fi Helperはシャットダウンしておきましょう。そうしないと、Eye-Fiのカードが「Eye-Fi Helper」が2個ある!と混乱してしまうのです。つまりShutterSnitchはEye-Fi Helperを模倣しているということです。
ですので、Eye-Fiカードの転送設定で「JPEGファイルをPCに転送する」ように設定する必要があります。
これがないと、下に出るエラーも出ませんので要確認です。

で、おもむろににシャッターを切ると画像が転送されるはずです。
もし、転送されない場合でも、設定がうまく行っていれば



An Eye-Fi card is trying to connect but it doesn't seem to like your authentication key.

というエラーが出るはずです。
おもむろにOKを押せば転送されるはず場合でもありますが、転送されない場合もあります。
転送されるかされないかは運です(ぉ
神に祈ってください

ちなみにこのエラー。Eye-Fiからの画像転送待ちタイムアウトエラーだそうです。
ShutterSnitchの作者も問題は把握していて、改良したバージョンをApp Storeに申請しているそうなので、承認されるまで待ちましょう。

お家の環境では3回に1回の割合で成功してますが、100%じゃないんですよね・・・
バージョンアップでうまくいく確率があがるのかしらん。


関連タグ:Eye-Fi ShutterSnitch ipad 


全1件中 1件〜1件を表示

Re:Eye-Fi + ShutterSnitchでiPadをリアルタイムビューアにしてしまう試み その2

返信

Eye-fiの設定を見直してください。
”Eye-Fiカード'をインターネット経由でPC転送を有効にする”が有効になっていると転送ができないようです。
私は、
「全ての画像を共有」オン
「Eye-Fiカード'をインターネット経由でPC転送を有効にする」オフ

で上手く転送できています。

うんちょこちょこちょこぴー 2010年06月06日 14時06分24秒 ( 日 )

投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

RSS2.0

a-blog cms