2011.05.27


ヨーロッパの無線LAN(WiFi)アクセスが不便かつ遅すぎる!

というのが個人的なヨーロッパの印象(ぉ
ホテルでの無線LANなんて下手すると1日(not 24時間)10ユーロくらい取られることもありますし、その割には1Mb/sでないことなんてザラ。ホットスポットもDeutsche Telekom(ドイツテレコム、D1)グループが頑張って引いてはいるけども数は全然足りていません。そもそも1日6ユーロくらいして高いですし。

ドイツへの1週間短期出張とはいえ、ネット環境は優先して整えないとお仕事メールすら送れない!という自体に発展するので、いつものごとくプリペイドSIMカードを買いました。
今回はDeutsche Telekomの移動体通信部門T-mobileのプリペイドSIMカードをチョイス。や、LIDL mobileも試してみたんですが、ちょっとアレだったので乗り換えです。LIDL mobileについてはまた後日。

T-mobileショップはミュンヘンですとマリエン公園(Marienplaz:旧市庁舎があるところ)からカールス門(Karlsplaz)への歩行者天国中に2店舗あります。今回はMarienplazすぐそばのお店で買ってみました。

さすがにMarienplazはミュンヘン一の観光スポットだけあって、お店の人も英語はバッチリです。ですので拙い英語でもプリペイドSIMカードが買えるという素晴らしいところ。ドイツだと意外と英語が通じないお店もあるので注意が必要だったりします。とくにスーパーとか。

閑話休題

お店のお兄ちゃんに「プリペイドSIMカード欲しいんだけど。この3Gルータ(Huawei E5830)で使うよ」と言うと

「iPhone4用のmicro SIMじゃなくても大丈夫か?」
「大丈夫だ、問題ない」(意訳)

的な事になり、すぐにゲットできました。ちゃんとした普通のSIMカード形状です。



SIMカードは1枚10ユーロ。そして10ユーロ分のクレジットがすでに入っているので、実質0円ですね。
今回買ったら+2ユーロ分も余計についていて12ユーロがトータルクレジットとして入っていました。



通常のSIMですね。
iPhone4やiPad用だとmicroSIMにもなるようにさらに切り込みがはいったモノがあるそうです。

今回は通常のSIMでまったく問題なし。



PINやPUK番号はコインでこすったら出てくるタイプです。

PINはもちろんSIMのロックを解除するためのものですが、PUKはT-mobile.deで登録するときに必要な番号なので注意。Webで登録しておくと、web上で残高確認やプランの変更も簡単にできるようになります。

ちなみにAPN情報は
APN: internet.t-mobile
User: t-mobile
Password: なし
です。T-mobileは超大手なのでSIMをさせば自動的に対応してくれる端末が多いとおもいますが念のため。

そして今回の料金プランは

Xtra Handy DayFlat

というデータ1日0.99ユーロのプラン。通話もSMSもできませんが格安なプランの一つ。速度もダウンロード384kb/s、アップロード32kb/sに制限されてたりします。日本のb-mobile的なメールや軽いWeb閲覧用のプランですね。
10ユーロクレジットがあれば10日は持つ計算です。
で、ただし注意しないといけないことが。WebのTarife(料金プラン、PDF注意)のところに小さく書いてありますが

1) The option Handy Xtra Xtra DayFlat rate is preset in all rates. Day Use Price: 0.99 €. The Xtra Handy DayFlat rate applies to national traffic dt Telecom mobile network. The option permits and supports browsing through the Internet browser, sending and receiving e-mails. Billing Cycle: 00:00 to 24:00 clock.
From a data volume of 200 MB of bandwidth in a given calendar month to max. 64 kbit / s downstream and max. 16 kbit / s upload speed limit. The contained volume of data may only be used with a cell phone without a connected or wirelessly connected computer. »R-800»
(Google翻訳)
  1. 00:00〜24:00までを1日とする。開始時間から24時間ではない。
  2. 1月に200MBを超えると速度制限がかけられる(ダウンロード64kb/s、アップロード16hb/s)

なかなかキビシイです。

他のデータ専用プランとしてXtra web'n'walk DayFlatやiPadにも対応したmicroSIMなDayFlat Specialというのもあります。
こちらは速度制限無しでキャップ500MB。それを超えるとその日だけ制限されるというプラン。ただし、一日4.99ユーロとなってけっこうお高くなってしまいます。10ユーロのプリペイドクレジットだと2日持つ計算でしょうか。

軽い作業だけなら大丈夫でしょうが、本格的に使うならそっちのプランのほうが良いでしょうね。ただし、T-mobileはVoIPを認めていないのでSkypeなどを使うときには注意が必要です。VoIP使うならO2のプリペイドでしょうかね。

で、肝心のスピードは



きっちり速度上限まで出ています。

T-mobileの電波は意外と掴んでくれるのでなかなか便利です。
今日の午後にはフライトだから、それまでは持ってくれそうかな?

ちなみにドイツ。SATURNなどの家電量販店に行くといっぱいプリペイドSIMが売っています。



MVNO真っ盛りという感じでいっぱいです。

個人的にはO2ベースのFONICやLIDL mobileを試してみたかったんですが、ちょっと難しかったのでやめました。むむぅ。

次にきたらトライしてみようそうしよう。


関連タグ:SIM Munich Germany 


全2件中 1件〜2件を表示

Re:ドイツT-mobileのプリペイドSIMを使ってました

返信

LIDLはアクチベーションまでが結構たいへんです。
SMSの返事が遅くて(3〜4日かかった)、結局使い物にならなかった記憶があります。
ですので、この時はT-mobileで運用しました。
電話できるドイツ語力があればなんとかなるとは思いますが、私には無かったので諦めました。

かん 2012年07月25日 21時13分44秒 ( 水 )

Re:ドイツT-mobileのプリペイドSIMを使ってました

返信

はじめまして!今度ドイツ旅行に行くことになり、
iphone用にプリペイドSimを検索してこの記事を発見しました。

LIDL mobileが15ユーロで30日/5GBまで速度制限なしでお得そうに思えるのですが、
かんさんが使用した際にはbどんなデメリットが有ったか教えていただけませんか?

siruka 2012年07月10日 05時09分47秒 ( 火 )

投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

RSS2.0

a-blog cms