2013.01.19


サブ機(というか海外ではメイン機)として使っているGalaxy Note II。
紙のメモを撤廃したいがために買ったわけですが、付属&内蔵のSペンが細い・短いで書きづらかったのです。でも、筆圧感知などWacomのWacom feel IT Technologyという特殊な技術を使っているので、通常の静電容量タッチパネル対応(つまりiPhoneやiPadでもつかえる)ペンだと、太さも変わらない&精度もイマイチなのでGalaxy Noteつかう必要がなくなってしまうのです。だからといって、Wacom feel IT Tech.対応のペンは、付属のものと本家Wacomがつい最近発売したもの、そして裏ワザのThinkpad X61 Tablet用のものくらいしかないのです。

ということで、SamsungのGalaxy NoteはGalaxy NoteでもタブレットなGalaxy Note 10.1用のクリップ付きSペンを購入してみました。アマゾンさんで2980円です。

Samsung 純正品 S Pen Galaxy Note 10.1 専用 スタイラス タッチペン パッケージ品 (AA)

Galaxy Note II付属のものと比較するとこんな感じ。



太くなってかつ長くなっています。ボタンも大型化していますし、お尻は消しゴム機能としてアサインされているので、すごく楽です。

惜しむらくは、筆圧感知が7bit→10bitと高精度化したGalaxy Note IIに対応していないので、微妙な筆圧がかき分けづらいことと、妙にタイムラグがあるところ。
それ以外は良いので、とりあえず手帳に挟んで使い込んでいこうかな、と思います。

ちなみに、このSペン。予備としてペン先が4つついてきていますので、すり減ってきたら気軽に交換できるところもポイント。こういうアフターサービスは好きです。


関連タグ:Android GalaxyNote2 


投稿

名前
 
メールアドレス
 
URL
 
タイトル
コメント
パスワード
Cookieに保存

RSS2.0

a-blog cms